書家雪子、再び

0
    JUGEMテーマ:海外生活
    9/15、リベルダージの南にある日系ルーテル教会で年2回恒例のバザーがありました。今年4月のバザーで私はブラジル書家デビューをしたわけですが(その時の様子はこちら)、今回も書道コーナー担当としてバザーのお手伝いをしてきました。

    この教会のバザーは食べ物(日本食も)、古本、衣類、雑貨等の販売がメインです。
    私は「漢字で名前を書く」、「好きな言葉を漢字で書く」という書道の実演販売。


    手作り苺大福!食べ損ねて悔しい


    お弁当におかずを詰めてるところ


    手作りドーナッツ。あんドーナッツも有


    サバとイワシの串焼き!

    お好み焼き!






    どうやらちょうど同じ日、少し近いとある日系の団体?施設?でもバザーをやっていたらしく、前回よりはお客さんが少なかった。


    アサイ―のスタンダードな食べ方

    この日は物凄く暑かったので、知り合いに美味しいと教えてもらった教会近くのアサイー屋さんでアサイー買ってきた。シャーベット状になっててシリアルと一緒に食べるのがスタンダード(なのかな?)。確かにブラジルで食べてきたアサイーの中で一番美味しかった!



    最初のお客様!

    Roberto(ポル語読みでホベルト)さん。真ん中に写ってるのがこの教会の牧師さん、徳弘さんです。徳弘さんに「面白い人だから面白い漢字使って!」とリクエストいただいたけどなかなか見つからなくて、苦肉の策で「ト」は「賭博」の「賭博」にしてみました(笑)。


    幸せはFelicidade(フェリシダージ)。ちょっとバランス悪かった…


    お父さんが日系人、お母さんは非日系人の姉弟

    弟はErick Hiro(エリッキ ヒロ)くん。ヒロは日本名だけど漢字は決まってなかったみたいなので、賢くなりそうな漢字を選んでみたよ。お姉ちゃんはNaomiちゃん。直美という感じはスタンダードだけど意味を考えたらとてもいい意味だと思う。
    書いてる時点で「que lindo!(キレイー!)」とか言われるけど、漢字の意味を説明してあげると本当に喜んでもらえる。


    右の男性は日系人、女性二人も日本語を勉強中

    レイミー ガニコさん(日系人なのかな?)とナターリアさん、そして日系人の岡田さん。最初は自分の名前を漢字で書けるなんて思いもしなかったみたいで、ちゃんと辞書を見て探すから大丈夫だよと説明するととても嬉しそうでした。日本語勉強してるだけあって「これは"多い"の字ですね」って話してたり。


    姪っ子さんのお名前

    この方実はリピーター。前回にお孫さんの名前を頼まれて書きました。今は額に入れてお家に飾ってくれてるそうです。とても気に入ってくれたのか、親戚知り合いの名前を大量にオーダーいただきました。


    まとめてドン!

    左上からラリッサ、クラウス、キンミ、スミ、ヒデオ、ケンジ、カヨコ、クラオ、ヨシコ。日系人の方とそうでない方のお名前半々。

    今回は「ゆ」の字の印を押してみました。あった方がそれっぽく見えるよね(笑)。(でも正式にはひらがなの印はかな文字の時にしか使わないらしいけど…まいっか)


    終盤で夫が迎えに来たんだけど、私が書いてるところを見て私のことちょっと見直したそうです(笑)。父の威厳ならぬ妻の威厳を保つためにも良かったのかもしれない。


    RESTAURANT WEEK 2013

    0
      JUGEMテーマ:海外生活

      年に2回開催されるサンパウロのレストランウィーク。参加レストランが同一価格(ディナーはR$47.90)でレストランウィーク用のメニューを提供します。
      今年の春は一時帰国で行けなかったので、1年ぶりのレストランウィークでした。前回はイタリアンかフレンチのお店だったんだけど、物足りなかったのを覚えててね。レストランウィークのディナーメニューは大抵前菜→メイン→デザート、の3品。メインが肉料理で主食のものがなかったからちょっと足りなかったの。(追加でパンとか頼めばよかった話なんだけど…)。

      なので今回はイタリアン、フレンチじゃなくて3品で満足できるところに行ってみよう!となって見つけたのが今回のお店。スペイン料理です。そういえばブラジルでスペイン料理は未経験だったわ。

      お店がある地区は私たちが好きなショッピングセンターの近くで、お洒落なレストランが建ち並んでて開拓したいねーって前から話していた所。






      前菜

      前菜はタパス。何種類かあったみたいだけど店員さんにお任せでお願いした。手前からタコとトマトとカリカリ揚げのポロネギ、サーモンのタルタル、ハモン(スペインの生ハム)、ブリーチーズとカタルーニャ産のトマト。どれも美味しくてびっくり。もっと食べたかった!



      スペインといえばサングリア!店内でも頼んでる人多かったよ


      夫のメイン、海の幸のパエリア



      私のメイン、ラビオリ系のパスタ??

      メニューによるとカペリ(カッペリーニ的なもの?)となってたけど、パスタの分類でいうとトルテッリというラビオリの仲間な感じでした。正直私もパエリアにしようかなと思ったんだけど、こちらも予想以上に美味しかった!
      パスタの中は仔牛の挽肉とアーモンド、ソースはハーブとコニャック。お肉もジューシーで美味しかったし、何といってもソースが素晴らしい!今まで食べたことない感じのソースで作り方知りたいくらい。
      パエリアより量が少なめで足りるかな?と思ったけどしっかり満腹になりました。




      デザート、ミニチュロスのアイス添え

      スペイン料理をレストランで食べたことがほとんどないのでちゃんとしたことは言えないんだけど、これはリピーターになりたくなるお店でした。次もタパスをつまみながらのんびりサングリアを飲みたいな。

      立地も私にとってはとてもありがたい。休日にサンパウロに出てきても、リベルダージとか買い物するお店が夕方に閉まっちゃって夕食までの時間を持て余しちゃうけど、夜までやってるショッピングセンターの近くだと時間が潰せて楽ちん。

      久し振りの美味しいディナーにとっても満足なのでした!



      Torero Valese
      Avenida Horácio Lafer, 638, Itaim Bibi - São Paulo
      (JK IGUATEMIの近くだよ)


      ボリビア ウユニ旅行 4日目(後)

      0
        JUGEMテーマ:海外生活

        2月のカーニバル休暇のウユニ旅行の続き!
        半年経ってるけど気にしない!
        4日目前半までの記事→こちら

        ウユニの空港から再びラパスへ。


        カーニバル中ということで私たちが乗るバスもカーニバル仕様


        チェゲバラの像、彼はボリビアにて死去


        パチャママ展望台

        ラパスの街に入る前にパチャママ展望台へ。すり鉢状の地形のラパスがよく分かります。「パチャママ」というのはケチュア語・アイマラ語で「母なる大地」を意味し、アンデス神話では女神として登場するそうです。
        風邪を引いたかも…と朝に言っていた夫の体調は良くならず、彼はバスから降りずにぐったり。


        絶景!見渡す限りの街。山の斜面にも街。



        よーく見ると


        カーニバルのパレードらしきものをやってました。



        ボリビアでのカーニバルは「水かけ祭」
        水鉄砲や水風船で攻撃されます(観光客は特に)





        ちょっとうろ覚えだけどカーニバル最終日は家で「まじない」的なことをするそうで、
        その時に使用する花びらを売ってるおばちゃんたち




        この右側がサンフランシスコ寺院


        これです。




        サンフランシスコ寺院のあとはムリリョ広場へ。ムリリョ広場はボリビアの政治の中心地。
        広場を中心にその周りに色んな行政機関が建ち並びます。

        国会議事堂


        大統領官邸前


        PLAZA MURILLO ムリリョ広場

        ムリリョというのはボリビアの独立運動の先駆者、ムリリョ氏に因んだ名前だそう。しかしこのツアーのラパスでのガイドを担当してくれたボリビア在住の日本人ガイドさんによると、この広場の名前も近いうちに変わるかもしれない、とのこと。

        実はムリリョ氏はボリビア原住民ではなく、ボリビアにいたスペイン人。彼が先頭立って独立運動を指揮したのは事実だが、スペインとの戦いの前線に送られたのはボリビアの原住民。この運動がきっかけとなりその後スペインからの独立を果たすが、ボリビア側の犠牲も甚大。確かに支配者であり自分たちを虐げるスペインはボリビア人にとって敵だったが、彼ももとはスペイン人であり、自分は前線には出て来ず安全な所にいて(その後に処刑されるのだけど)原住民を盾にしていた。という考え方もあり、そんな人物の名前を付けるなんて!と現在国会で広場の名称変更を審議中、とのこと。


        ムリリョ広場のムリリョ像と国会議事堂と青空

        これまたガイドさんによると、この像はムリリョ像と言われているが像のモデルにされているのは別の人物、という豆知識。(地球の歩き方でも普通にムリリョ像としか紹介されていないけど…)


        鳩が多い


        ボリビアの伝統的な髪型と服装。


        やっぱりどこかヨーロッパっぽいよね


        ここでラパス観光は終了、一路ホテルへ。
        夫は結局ずっとバスから出ないままでした。


        車窓からのスタジアム

        FIFA公認スタジアムの中で一番標高が高いのです。空気も薄いため、あのアルゼンチン代表がボリビア代表に6-1で負けるという試合もあったとか。


        ホテルに着き、夫がいよいよ辛いとなったので夫の代わりに風邪薬を買いに行くことに。ガイドさんにボリビアで一般的な風邪薬の名前を教えてもらってホテル近くのドラッグストアへ。スペイン語全然できないんだけど、ポルトガル語で喋っても何とか通じた!正直数字はポルトガル語とスペイン語ほとんど違わない。あとは用法用量も軽く質問してちゃんと理解できて我ながらびっくり。


        戦利品。風邪薬とメンソレータム的なもの。

        ボリビアはトイレ事情が宜しくないので一人一個トイレットペーパーを持ってきた方が良いですよと言われていたので、夫は旅の間中ずっとトイレットペーパーで鼻をかんでいて鼻がかさかさになっちゃってたらしい。なのでメンソレータム。風邪薬はシロップで甘くて飲みやすかったって。





        ホテルは初日と同じCAMINO REALというラパスの5つ星ホテル。さすが5つ星なだけあってとても素敵なホテルでした。バスタブがあるのもありがたかった。

        あとは最終日、帰るだけ。でもホテル出発が早朝(夜中?)3時なので仮眠ぐらいしかできなかったけど…。

        これでボリビア旅行はほぼ終わり。最終日はほとんど書くことがないのでおまけ編を書きたいと思います。


        あまちゃんに関する発見とプチ考察

        0
          あまちゃん、流行ってますねー。

          我が家はNHK海外放送が見られるケーブルテレビのチャンネルに加入しているので普通に見ることができます。朝ドラと言えば学校に行く前に見ていた思い出で、全部しっかり見ていたのはマナカナちゃんが主役の「ふたりっ子」と野村萬斎さんが素敵だった「あぐり」、全部は見ていないけど思い出に残ってるのが「純情きらり」(出身の愛知が舞台&私の好きな西島秀俊さん出演)。

          あまちゃんも最初のうちはあまり見ていなかったけどどんどんとはまっていき、最初は興味のなかった夫も丁度放送された総集編からしっかりはまって今では二人で見ています。夫が仕事で遅くなって見られない日は私がデジカメの動画モードで撮影してその後パソコンで見るというアナログなんだかデジタルなんだか分からない手法を採用しています(笑)。HDDレコーダーもビデオレコーダーもないんだもの!


          そんな私が最近のあまちゃんを見て発見したものが一つ。

          世田谷の黒川家(アキちゃんの家)のキッチンカウンターにそれはありました。



          分かります??
          アキちゃんの右側、鈴鹿さんの左肩の上。

          黒地に白ドットの鳥がいます。

          これ、多分ブラジルに住んでる人は誰でもピンとくると思うんです。



          こんなのとか


          こんなのとか


          ブラジルで超ポピュラーな民芸品!
          ガリーニャ ダ アンゴラ(galinha d'angora)の置物。色んな種類がお店で本当によく売ってるんです。このガリーニャ ダ アンゴラは日本語でいうとホロホロチョウのことです。

          Wikipediaによると
          (引用)日本国内でも飼育を試みる研究機関・農家が和歌山県や岩手県の牧場など、数地点存在する。しかし、繁殖には熱帯的な夏季の気候を要し、独特の鳴き声やショックに弱いことなどから、現時点では広い敷地が必要などの特性がある。また、日本人向けの料理としては今のところ、焼き鳥などに限られるなどレパートリーの開発が進んでおらず、ベンチャービジネスの素材としてしばしば脚光を浴びるものの、一般的に普及するには至っていない。(/引用)

          …とのことなので、私が知らなかっただけで実は日本でもポピュラーだ、ということはなさそう。

          何故、この置物が黒川家に??

          あまちゃんとブラジルの唯一の接点、それはGMTのベロニカちゃん
          ベロニカ役の斎藤アリーナさんは日豪のハーフでブラジル人ではないみたいだし、ドラマ内ではブラジルらしさをあまり出していない(それ以前に出演が少ない)のは残念だけど、設定上はブラジル出身(ハーフだったっけ?)!

          進行上二人の絡みはほとんどないけれど、これはきっとベロニカちゃんからアキちゃんへのお土産もしくはプレゼント、と考えるのが妥当ではないでしょうか??

          といった私のプチ考察でした♪
          次に黒川家のキッチンカウンターが映った時は是非ともこの置物を探してくださいね!


          ちなみに実物のホロホロチョウは近寄ってみるとあまりのドットの細かさに気持ちが悪くなる私なのでした…。ドット恐怖症じゃないはずなんだけどな。(Google Image検索リンク)


          近況

          0
            JUGEMテーマ:海外生活

            こんにちは。久しぶりの更新です。
            前回の更新からなんと3ヶ月も経っていた…。

            私はというと、元気と言えば元気だけど…な感じです。
            というのもソロカバに住んでるとっても仲の良かった日本人一家の本帰国が急に決まり、その1ヶ月後にはもう日本に帰ってしまいました。当初は2年いる予定だったのが急に早まって1年での帰国。
            他にも日本人の友達はいるけれど、彼女はお子さんがある程度大きくて日中遊べるから友達の中でも一番よく遊んでたんだよね。

            かなりショックだったんだけど、最後に一緒に旅行できたしちゃんとお見送りもできたので心残りは少ない方だと思う。でもやっぱり寂しいよね。
            必ず別れはやって来るというのは駐在者の定めだから。
            まあFacebookもあるし、一時帰国する時は会いに行く予定だしこのまま縁が続いていけばいいなあと思ってます。


            あとは…
            やっと免許取得しました!
            ブラジルはほとんどがマニュアル車。我が家の車も例に漏れずマニュアル。ブラジルは国際免許じゃない国なので、ブラジルでちゃんと免許を取らなきゃいけない。
            色々あって数々のトラブルを乗り越えての免許取得。
            車は1台しかないので、私が車を使いたい日は我が家-会社間を送迎することになります。
            最近はやっと運転も慣れてきて余裕が出てきました。
            免許取得についてもまたブログ書きます。


            8/15(木)はソロカバ創立記念でソロカバのみ祝日で金曜は会社が調整の休日にしてるので4連休。ブラジルは今冬だけど、あったかくて海の綺麗な北東部のビーチへのんびりしに行って来ます!!





            日本でもニュースやってたよね。ブラジルのデモ。
            最近はだいぶ落ち着いたみたいだけど、ソロカバでもデモはありました。
            写真はデモのせいで封鎖されちゃった我が家の前の高速道路。


            初体験!Cha de Bebe!

            0
              JUGEMテーマ:海外生活

              日本人のお友達に誘ってもらって、毎週1回お茶会に参加してます。
              遥々日本から駐在でブラジルにやって来る人がいるんだから、もちろん他の国からも同様にブラジルに来てる人は多いわけで。そんな非日本人の駐妻さんたちと交流ができるこの会。カフェに集まってぺちゃくちゃ英語でお喋りするんです。勿論駐妻さんじゃなくてもブラジル人でも英語が話せるのなら参加可能。
              アメリカ人、メキシコ人、ドイツ人、フィンランド人などなどなかなか多国籍な集まりで楽しいです。日本人は私と友人の二人。


              前職では業務で英語を使うことをしていたんだけど、やりとりは主にビジネスメール。なので話すのも発音もリスニングも流暢さもぱっぱらぱーの私。
              しかも現在ポル語勉強中の身。日常生活で使う言葉ならポル語の方が先に出てくる状態。
              参加した当初は自分の中に「日本語スイッチ(備付け)」「外国語スイッチ」の2つしかなくて、外国語スイッチに切り替えても話そうとするとポル語と英語がごちゃまぜで大変でした。
              それが最近やっと「日本語スイッチ」と「ポル語スイッチ」「英語スイッチ」の3つになって切り替えができるようになってきました。それでもあまりにも流暢な英語は脳に行かず右耳から左耳へ流れて行きます…。特にアメリカ出身のネイティブの英語はね…。

              でもでもフィンランド人もメキシコ人もドイツ人も英会話が上手。「ブラジル人は英語できる人少ないよねー」なんて日本人の私が笑ってられる状態じゃありません。もうちょっと話せるようになりたいな。




              …なんていうのが前置き。ここから本題。
              この会に参加しているメキシコ人、アレハンドラがもうすぐ第二子出産ということでベビーシャワー(英)/シャー ジ ベベ(ポ語 Cha de bebe)なるものに招待されて行って来ました。

              まずベビーシャワーってなんぞ??

              シャワーっていうくらいだから最初は洗礼かなにかキリスト教的なイベントかと思ったのよね。でもどうやら違うみたいで、子供が生まれる前にお祝いをしよう!っていうイベントらしい。産後の体調でみんなで集まってお祝いするのは大変だから体も心も(?)楽なうちにお祝いをしてしまうという、理屈は分かるんだけど日本ではなかなか考えられないシステム。
              ブラジルでもシャー ジ ベベ(直訳:赤ちゃんのお茶)といって一般的なものらしいし、お茶会メンバーの母国でも出産前にお祝いをするのは一般的な国が多かったかな。



              この日の主役のアレハンドラ。素敵なワンピース


              会場はアレハンドラの友人宅。ベビーシャワーの幹事は妊婦さんの友人たちが務めます。


              オムツケーキもある!


              まずはゲーム。これはビンゴ。

              このビンゴは赤ちゃんグッズが数字の代わりになってます。穴は開けられないから豆を置く(笑)。一回戦は一列揃ったらじゃなくて、全部埋まったら。二回戦は横一列揃ったら。三回戦は縦一列揃ったら。当たったらプチギフトがもらえます。三回戦は最後の一人までやって全員もらえました。

              次は「お腹周り当てゲーム」
              妊婦さんのお腹周りの長さを予想してその長さだと思うところでトイレットペーパーを切り、最後に実際に巻いてみて答え合わせ。


              ちょっと私こんなにお腹大きくないわよ!!


              ミラクルが起きてなんと私が優勝!またプチギフトもらいました。



              その後はみんなから贈られたプレゼントを開封

              因みにブラジルだと、誰からのプレゼントってのは明記してなくて妊婦さんが予想して当てるっていうゲームもやるみたい。今回はメキシコ流なのかな?
              アレハンドラは英語のお茶会に以外にもスペイン語のお茶会に参加してるらしく、スペイン語が母国語の人がこの時は多かったかな。それでもほとんど全員が英語話せてたからね。


              プレゼントはおもちゃとか洋服とか


              私が贈ったのはおくるみと人形がセットになってるもの

              面白かったのが、現金を送ってる人が数人。でもご祝儀袋なんてものは存在しないのか、お札の3倍くらいある封筒にピン札じゃないお札。ピン札なんていう文化は日本かあっても東アジアくらいなだけなのかなあ。しかもいくらあげたかみんなの前で公表されちゃうのはちょっとな…と思うのでやっぱりプレゼントの方が楽しくていいな。



              その後は料理を振る舞われ


              ケーキもいただき(クリームの色がパステルブルー)


              他のプチデザートまでいただきました






              なかなか触れることのできない異文化交流。このお茶会に参加するようになってぐっと交流の幅が広がりました!もっと英語喋れるようになりたいな。

              そしてアレハンドラの赤ちゃんにも早く会いたい!


              サンパウロ宴

              0
                JUGEMテーマ:海外生活
                ブラジル在住日本人の間では超有名!なブログ「ビキニcomブッダ@ブラジル」。このブログを書いていらっしゃる彼女のもとには多くの愉快な人たちが集まります。

                そんなゆきゑさん、去年に宴と名付けた集まりを開いたのです。ゆきゑさんの自宅のベランダに集う常連さんからブログの読者まで。私はそれまでコメントはしたことなかったけどずっとブログを読んでいて、この宴に参加したいなと思ったけど参加表明する勇気も出ず参加せずじまいでした。
                そんな中、普段から仲良くしてもらっている「ラブらじる♪」のmackyさんがこの宴に参加していたことを知り「行けばよかったああああ!!」と後悔の念が更に募ったのでした。

                そして今年、宴第二弾開催の知らせが!!
                これは行くっきゃないと参加表明。
                その後の連絡で、ソロカバの友人ちょびさん(ぶ ら じ るぅぅぅぅぅっ ☆ のソロカバぁぁぁぁぁ☆)も参加表明していたことを知り、一緒に行くことに。ちょびさんはブラジルに来て一番最初に出来た日本人の友達なの。

                サンパウロ宴第肉弾もとい第二弾!!




                しかし極端に料理の写真が少ない…。
                会場は参加者のうちの一人Mさんのご自宅アパートのシュハスコスペース。ありがたや!


                よちみさんの巻寿司。サーモンたっぷりでうま!納豆巻きも!


                山の中からまいどです」でお馴染みまりんこさんから、ミナス名物のチーズ!


                ゆきゑさんの旦那さんWelder氏によるジャークチキン(ジャマイカ料理だそうです)


                ゆきゑさんのブログで見ててずっと食べたかった!スパイスとハーブで大人好みの味。


                ブラジル産和牛!もはやなんのこっちゃだけど、確かにいつもの肉とは違う味。



                他にもポテトサラダ、ヴィナグレッチ、おにぎり、杏仁豆腐、フルーツサラダなどなどお箸が止まらない!!



                駐在員、駐妻さん、移住した人、ブラ妻さん(旦那さんがブラジル人)とその旦那さんetc.


                色んな人が集まりました。


                主催者のゆきゑさんはビキニがユニフォーム!そんな彼女から「お好きな装いでお越しください」との連絡。
                うーん、私の一張羅と言えば着物だけど、着崩れするしあまり動き回れないしでちょっと今回はやめておこうかな…と思っていたところにちょびさんから「良いものが2着あるんだけど、一緒に着ない?」とのお誘いが。

                ちょびさんも着るのなら、と二つ返事で了承し、当日。みなさん意外と普段着…「どうしよう?」「なんかそんな感じじゃないよね」「とりあえずまだ着ないでおこうか」とちょびさんと密談。
                みんなお酒が入り、場も温まってきたところで「実はあのメールを読んで、着るもの準備してきたんです」と打ち明けると「着てきてよ!」のコール。急いでちょびさんと隠れて着替えて登場!!










                じゃーん★


                なんでこんなの持ってるの??と訊いたら結婚式の二次会で着用したそうです。さすがオチャメなちょび夫妻。思ったより盛り上がってもらえて一安心。




                やはり類は友を呼ぶとはよく言ったもので。素敵な人の周りには素敵な人が集まる。今回は人数が多くてそれぞれの人とじっくりお話しすることはなかなかできなかったけど、みなさんサシでお話ししたいくらいの魅力的な人ばかり。

                自称ネット時代の申し子なので(笑)、高校生の時からサッカーファンサイトと通じて知り合った人と一緒にサッカーを観に行ったり、大学の時はネットで参加者募集してた東京で開かれるセッション会にベースを背負って夜行バスで名古屋から駆けつけてみたりと、ネットを通じてリアルで人に会う、ということはあまり抵抗がありません。(といってもちゃんと危ないか危なくないかの判断はしっかり自分でするけどね)。
                使い方次第では世界がぐっと広がる素晴らしいものだと思ってます。今回もほんの少しの勇気を出して参加表明して良かったなーとしみじみ。こうやって縁が繋がっていくのって素敵だもの。





                どうでも良いかもしれない話。

                この記事を書くにあたりちょっと悩んだこと。
                そこまで細部が分からないような遠目の自分の写真ならアップしてることもあるけど、基本的に私はこのブログで顔出ししていないし一緒に写ってる友人の顔も出さないようにしてる。
                しかし今回は何よりも人と人との交流。人の写真がいっぱい。はてさてどうしたものか…。
                ということでご自分のブログで顔出しをしている方以外の写真はあまり分からないようにいつもより縮小する、という方向で行くことにしました。(それでも嫌な方がいらっしゃったら連絡ください><)。因みに参加者の方のブログで私の顔が出てるのはノープロブレムです!!




                おまけ


                トランポリンではしゃぐゆきゑお姉さま


                バザーにて

                0
                  JUGEMテーマ:海外生活


                  さてさて、前の記事でも宣伝した通り、日曜に教会のバザーに行って来ました。



                  スタッフパスも準備してもらってて本当に嬉しい!!



                  売り物のお弁当準備中。日本のお弁当だ!


                  手作りアクセサリーも売ってたよ。
                  日系人の方が日本に行くときにお土産にしようと思って作り始めたんだって。


                  絵本に小説に雑誌に漫画に…古本もいっぱいありました。
                  写真撮ってないけど衣類や生活品も売ってました。


                  のぼりもあって本格的でしょ



                  お好み焼き。青のり入りのお好み焼きは久しぶりだった!


                  ドーナツ。シナモンのとあんドーナツもありました。


                  ブラジルの串焼き、エスペチーニョ


                  スタッフはこの日に販売していたカレーをいただくことができました。




                  私のスペースちら見せ


                  私のスペースは入り口近くだったんだけどちょっと奥まったところだったので、バザーが始まって1時間半くらいは全っ然お客さんが来ませんでした。


                  もしや…まさか…お客さん来ずにバザー終わっちゃう…???

                  なんていう不安もよぎりました。あまりにお客さんがいないから、可哀想に思われたのかスタッフで来てたおじいちゃんがシナモンドーナツを差し入れてくれました(笑)。ドーナツも美味しくて気合入ったよ。

                  そんな中、興味を持ったバザーのスタッフの方たちが来てくれて彼らの名前を漢字で書きました。そしてその後にお友達とかに宣伝してくれたみたいです。

                  一部紹介〜


                  最初のお客さん!アナカロリーナちゃんとルイース


                  この赤ちゃんがカイナルーくん。カイナルーはハワイの名前だそうです。漢字もいい感じ!


                  日系人のアリーセさん。英語読みだとアリスなんだけどポルトガル語読みはアリーセ。


                  ボリビア人のヨランダ


                  カップルで来てたジョアンとキミ。日系人なのかなと思ったけど違うみたい。

                  最終的に11人分のお名前を書きました。本当は「あなたの好きな言葉を日本語(漢字)で書きます→R$3」、「あなたのお名前日本語で書きます→R$5」でやってたんだけど、お客さん全員名前希望でした(笑)。今後に役立つ情報だわ。

                  他にも興味を持って見てくれる人がいたり褒めてくれたり話しかけてくれる日系人のおじいちゃんおばあちゃんがいたりして楽しかった。日系の教会なので、スタッフは日系人・日本人が多くて教会内はポルトガル語分からなくても全然困らないくらい。
                  もちろん日本語出来ないブラジル人もいたけど、私のつたないポル語でなんとか交流できたよ。

                  日本の一時帰国から帰ってきて、3週間ポル語に触れてなかったから色々忘れてるかなと思ったけどそれは最初のうちだけで、なぜかポンとハードルを一つ越えたようにポル語が喋りやすくなった気がする。ポルトガル語で頑張って話している夢(ペラペラではなく現実と同じ語学力)をかなりの割合で見るようになったのも日本から帰って来てから。


                  もともとキリスト教徒ではなくて(どちらかというと仏教&神道のミックスだと思ってる)、たまたまアウラ(習い事)の関係で教会の方たちと交流するようになっただけなのに、それでも温かく迎えていただけました。日本にいるときは宗教関係はどちらかと言えば敬遠していたものだったけれど、ブラジルに来て、この教会の方たちと交流するようになってから宗教の良い在り方を感じることができたのでとても良かったと思っています。

                  今回、私の提案を受け入れてくださった徳弘牧師さんをはじめ関係者の方には深くお礼申し上げます。次回のバザーも是非参加させていただきたいです。




                  この日仲良くなったアナカロリーナちゃん。扇子は売りものよ。

                  すっごく懐いてくれて可愛かった!彼女、なぜか「ありがとう」を知っていたので、彼女に筆を持ってもらいその上から私が手を重ねて一緒に筆で「ありがとう」って書いてあげたり、彼女の似顔絵を筆と墨で書いてあげたらえらく喜んでもらえました。
                  帰り際の悲しそうな顔が忘れられません。また会えると良いな。


                  書家デビュー?(笑)

                  0
                    JUGEMテーマ:海外生活

                    私の隠された特技…それは書道

                    幼稚園から習字を始め、ブラジルに来る前まで先生のもとで勉強していました。
                    ブラジルに来て今まで通りにはできないだろうけどとりあえず、と習字道具は持って来てた。ボランティアで習字を教えたり、ブラジル人に何か書いてあげられたら良いなと思ってたけど今までなにもできずにいたんです。


                    だったけど、夢が叶っちゃいました!!



                    私はアシェ(ブラジルのダンス)レッスンとWEBサイト作成講座の習い事をブラジルでしていたんだけど、その教室の場所を提供していたのがリベルダージにある日系ルーテル教会。他にもポル語講座とかサンバ教室とかもやってるみたいです。
                    この習い事を通して日本人の牧師さん夫婦と知り合い、月1で開催されてるシュハスコ会にも行ったりしました。

                    この教会、年に2回バザーをしてます。日本の古着、雑貨、書籍等が売り出されたり、他にも日本食の販売もあります。次の日曜、4/14に今年最初のバザーが開かれます。



                    そこで、
                    書道の実演販売(?)をさせてもらうことになりました!!


                    好きな言葉を日本語に訳してその場で漢字で書きます。日本人からのオーダーも大歓迎。


                    主催者である教会の方にこんなことをやってみたいんですけど…と相談したらやってみましょう!とOKいただけたのです。相談して良かった!!
                    相談したのが直前でまだ詳細を詰めることができていないけど、頑張ります。


                    とりあえずバザーの紹介↓









                    サンパウロにお住まいの方は是非お越しください♪

                    日系ルーテル教会
                    R. Pandiá Calógeras, 54 - Liberdade, Sao Paulo



                    因みに私の書道の実力。
                    一応師範の資格は持ってますが人に教えたことはなし。



                    去年のフェスティバル ド ジャポンの書道ブースにて



                    一番最近(2週間前)書いたもの。友人からのリクエスト、ドイツビール


                    真面目に書道を習ってたので、基本に忠実。行書草書以外にはあまり崩したりしません。割りとかっちりとした字を書くと思います。


                    一時帰国 ドイツ寄り道編

                    0
                      おまけのドイツ編

                      今回の一時帰国はルフトハンザ利用。
                      行きはサンパウロ→ミュンヘン→フランクフルト→セントレアでトランジットが2回あったけど、良い具合の待ち時間でサクサク行けたかな。ミュンヘンとフランクフルトを合わせちゃうと、ブラジル→ドイツが約11時間、ドイツ→日本も約11時間というフライト(飛行時間)の丁度真ん中辺りにトランジットがあったお陰か、かなり楽なフライトに感じたよ。
                      ブラジルに来るときに利用したエミレーツはサービスとかは申し分なかったんだけど、日本→ドバイよりドバイ→ブラジルのフライト時間の方が長くてぐったりきちゃったんだよね。いつまでたっても抜けないアフリカ大陸、抜けたと思ったらいつまでたっても抜けない大西洋…。

                      帰りはフランクフルトでのトランジットだけ。で、トランジット待ちが6時間半!これはもうドイツ観光するしかない!幸運にも現在友人(大学時代のサークルの後輩)がドイツ留学中!ということで彼と連絡を取って軽くフランクフルトを案内してもらうことに。

                      しかし関税の請求等で悪名高いフランクフルト空港。乗り継ぎなので預けたスーツケースはそのまま預けっぱなしで良かったけど、私は機内持ち込みでノートパソコン持ってたの。もし検査に引っかかって高額な関税請求されたりパソコン没収されたらどうしよう、って不安だったけど結局申告無しの出口には職員すらいなかったよ。偶然?

                      フランクフルト空港で友人のミノル氏に1年半ぶりくらいの再会。ドイツで元気にやっているようで何より。




                      この近距離列車に乗って


                      空港駅から3駅


                      フランクフルト中央駅でございます


                      右に見える水色×黄色の車体のトラムに乗って更にフランクフルト中心部を移動


                      フランクフルトはドイツの、ひいてはEUの経済の中心地(車窓より)


                      いかにもドイツな街並み
                      私「わー、カンポスドジョルダン(ブラジルのドイツ/スイスっぽい街)みたい」


                      大聖堂?教会?





                      フランクフルトの空港15時半着、寒いです


                      行きのトランジットの時はドイツもずっと雪が降ってた。日本着いたらまだまだ冬で、滞在中にだんだん暖かくなってちょっと春を感じていた。帰りに寄ったこの時は雪は降っていなかったけどやっぱり寒かったよ。



                      外国のごみ箱とか


                      信号とか


                      街に貼ってあるポスターとか


                      自販機とか


                      落書きとか


                      ストリート名の看板だとか


                      トラムの案内表示だとか


                      他にもポストだとか、そういったものを撮影するのが好きなんです。



                      この川を渡ります


                      この橋は


                      恋人たちの聖地なのでしょうか



                      渡った先にはちょっと古くて素敵な感じの街並み


                      友人がドイツ料理を食べられるお店を調べてきてくれた!


                      イースター仕様


                      ビールで乾杯して


                      ドイツ料理をかっ喰らう!


                      どれもこれも美味でした♪


                      記念撮影「写真部海外支部長会」(撮影by夫)


                      私は大学時代にバンドサークルに所属していたのだけどサークル内で勝手に「○○(←サークル名)写真部」を立ち上げ、サークルのメンバーを部員にして写真旅行をメインにまったり活動してました。その時の部員であり、私が就職したのちに2代目部長になったのがこのミノル氏です。
                      現在私はブラジル支部長、彼はドイツ支部長と勝手に名乗っています(笑)。

                      そんなミノル氏のドイツ生活記は写真は勿論のこと文章も私好みで楽しく見ています。
                      ミノクロマチック周期表

                      留学を終え国に帰る留学生仲間から最近電子レンジを譲り受けたということなので、日本でシリコンスチーマーを購入し彼にプレゼントしました。料理の幅が広がると良いね。



                      その後時間があったので「dm」というドイツでポピュラーなドラッグストアへ


                      NIVEAはドイツの企業らしいです




                      dmのプライベートブランドの写真フィルムがあったのでお土産に購入


                      再び中央駅へ。


                      中には入らなかったけど可愛いお店


                      売店もさすがにビールが豊富!


                      ドイツでポピュラーなチョコ。色んな種類があってパッケージが可愛い。

                      ミノル氏にお土産でこのチョコレートをいただきました。
                      フランクフルト発のフライトは22時だったので時間は結構あったのだけど、ミノル氏が帰る高速バス(フランクフルト在住じゃないのよね)の最終が19時ということでこの中央駅でミノル氏とお別れ。お世話になりました。ありがとう!


                      ヨーロッパの駅構内って好き。


                      それから教えてもらった通りに電車に乗って夫と二人で空港へ戻りました。
                      フライトは22時だけどこの時点で日本との時差の関係でまるっと24時間くらい起きてる計算。規則正しい生活をしないと体調を崩しやすい夫は搭乗までの間ベンチに横になって仮眠。私は不規則万歳人間だし、時差ボケになりたくないからずっと我慢して起きてた。でもさすがに疲労感満載だったよ(笑)。

                      電車とかでドイツ人を見てて思ったのは何だか大人しいなあ、というのとみんな服の色が地味!黒とか茶色のコートばっかり!余計気分が暗くなるわ!と思った(笑)。ラテンの国に住んでると基準がおかしくなってくるのかしら??やっぱり南国と雪国では国民性に差があるのだと思う。


                      おまけエピソード。
                      ルフトハンザは機内で見られる映画の種類があまり豊富ではないらしい。そんな中、夫が唯一観た映画が初のボリウッド映画(インド映画)。よく分からないストーリー展開(話の内容的にそろそろ終盤かと思ったらまだ真ん中辺りだったらしい)や要所要所に挿入される集団ダンスシーン等のB級(夫談)具合が今までにない新鮮さでかなり面白かったようです。

                      ちなみに私は行きも帰りもiPodのみで過ごしました。芸人さんのPodcastとかをひたすら聴いてたよ。




                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      profile
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      search this site.
                      others