<< ご無沙汰です | main | イグアスの旅 夕食編 >>

イグアスの旅 ブラジル編

0

    JUGEMテーマ:海外生活

    11月にある3つの祝日のうち2つが木曜()→金曜→→月曜→火曜()となっていて、平日である金曜と月曜も休みにして連休にしちゃえ!という会社が多かったみたいです。11/15(木)は共和制宣言記念日、11/20(火)は黒人意識の日という祝日です。11/20は州によって(?)お休みじゃないところもあったみたい。

    というわけで6連休!
    これを利用して私たちの親にブラジルに来てもらい一緒に旅行をしよう!ということに。私の父は仕事があるのでダメだったけど、私の母&夫の両親がブラジルへ来ることになりました。そしてイグアスの滝へ旅行しちゃおう、という下のようなプランに。

    1日目
    空港に迎えに行き(丁度11か月ぶりの再会!)、オスカーフレイレを歩いたりランチしたりしてから空港近くのホテルに宿泊。
    2日目
    朝一の便でイグアスへ。ブラジル側のイグアスの滝へ。国立公園内のホテルに宿泊。
    3日目
    アルゼンチン側のイグアスの滝へ。サンパウロに戻りそのままソロカバへ。
    4日目
    ソロカバ観光?案内?、自宅を紹介。スーパーでお土産買ったり。ソロカバ泊(連泊)。
    5日目
    リベルダージ等のサンパウロ観光。空港近くのホテルに宿泊。
    6日目
    昼過ぎの便で日本へ帰る。



    というわけで今回はイグアスの旅ブラジル編。


    国立公園内の自然保護の観点からか、今年の8月から国立公園内の一般車両進入禁止っていう条例かなにかが施行されることになってたらしい。でもイグアスにあるツアー会社が抗議の為に座り込みを行ったりして、施行の開始日がどんどん遅れてたみたい。
    結局今の所はツアー会社3社以外の車両は進入禁止になってるみたい。これから旅行する人はちゃんと調べた方が良いかも。

    今回私たちがガイドをお願いしたのはNIPPAK TOURという日系のツアー会社。日本語話せるガイドさんでツアーをしてくれます。私と夫だけなら英語もしくはポル語のガイドでもよかったんだけど(多分こっちの方が安い)、せっかく遥々日本から親が来てくれるのだからとここの会社にプライベートツアーをお願いしました。

    しかしこのツアー会社は上記の3社ではないので公園内に車で入れないため、空港に迎えに来てもらい公園入口まで送迎→ホテルが運行しているホテル宿泊者専用のバンに乗り換えて公園内のホテルまで行きました。


    イグアスで宿泊したのは国立公園内唯一のホテルであるホテル ダス カタラタス(Hotel Das Cataratas)。薄いピンクの外壁が可愛かった!








    お部屋の様子は

    こんな感じ(チェックアウト前の写真なのでシーツがしわくちゃだ)


    バスルームのタイルが可愛いの

    このホテルの良い所は、ホテルの目の前に滝が見え、国立公園内という立地なので夜や朝一の一般の観光客が入れない時間帯でも歩いて滝を観に行くことができるという所!!
    (しかし結局夜は疲れですぐ寝てしまい、朝もチェックアウトが早い時間だったためギリギリまで寝ていました…)
    アメニティでHavaianasのビーサンがあって、持ち帰り可ってのも嬉しいね。

    チェックインしてから濡れても良い服装(水着の上にTシャツ&短パン、ビーサン)に着替えて観光スタート。


    これがホテル前から見える!

    ここから出発して遊歩道を歩いて行き、イグアスの滝の見所「悪魔の喉笛」に近付きます。





    公園内にはハナグマがたくさんいて、日本でいう観光地の猿のように観光客が持っている食べ物を狙ってきます。この写真も観光客を襲ってサンドイッチを奪って食べている所。可愛いけど危険です。食べ物を持って近付かないように。



    奥に見えるのが悪魔の喉笛




    ここが一番近付ける遊歩道






    風向きによって水飛沫がたくさん飛んでくる




    虹が地面と水平に出てた


    帰りはエレベーターで上がって地上に戻ります

    言葉で伝えるより写真の方が伝わるので写真多めにしてみました。
    ちょっと補足。
    世界三大瀑布はナイアガラの滝・ヴィクトリアの滝・イグアスの滝ですが、滝幅を見るとナイアガラの滝は計1000m以下、ヴィクトリアの滝は約1700m、イグアスの滝は約4000mと段違いの規模!
    アメリカのルーズベルト大統領が夫妻で訪れた際に夫人が「可哀想な私のナイアガラよ」と言ったのは有名な話。


    地上に戻ってきた後は、公園内のレストランで昼食。軽食のお店もあるし、ブラジル料理のビュッフェのお店もありました。




    そこから公園内のバスで移動。公園内ではバスが循環して走っていて、無料で乗ることができます。これから滝に突っ込むボートツアーに参加です。


    これに乗ってジャングルの中を進んでいきます


    ところどころガイドさんの案内付


    途中でこのジープに乗り換えて


    川に出た!

    コインロッカーがあるので貴重品はそこに預けましょう。カメラも防水カメラ以外は置いて行った方が良いかも。私は防水カメラじゃなかったけど持って行って全然使えませんでした。滝に突っ込むときはビニールのポーチに入れてタオルにくるんでなんとか濡れずに済んだけど。
    救命胴衣(なんか臭い)を着用して出発。




    こっちはアルゼンチン側のボートツアー

    肝心の滝に突っ込んでる前後の写真はありません…。ボートツアーの人が写真や動画を撮ってくれてて、最後に買えるようにはなっていました。

    滝の水はかなり冷たかったです、が楽しかった!同じボートに子連れの家族2組がいたんだけど、その子供たちが「ジ ノーボ!ジ ノーボ!(de novo=再び、もう一回)」「マイズ アーグア!マイズ アーグア!(mais=もっと agua=水)」って興奮しながら大合唱してて可愛かったよ。

    これでこの日のツアー内容は終了。
    夕食まで時間があるから有名なイタイプーダムの見学もオプションで付けられたんだけど、親たちも長時間のフライトの疲れがとれていないだろうということで夕食の時間まで休憩タイム。冷えた体を温めるためにお風呂に入ったり寝てたりしたみたい。



    私と夫はというと…


    せっかく水着を着てたんだから、とホテルのプールでカイピリーニャ(お酒)を飲みながらのんびり。素敵なプールを満喫しました。


    夕食編へ続く。




    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    profile
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    search this site.
    others