<< Pesqueiro MAEDA | main | 選挙のこと >>

MARESIAS(マレジアス)

0
    JUGEMテーマ:海外生活

    日本の皆さん、夏を満喫してますか??
    ブラジルは現在冬ですが、全然冬な感じがしません。朝夕はちょっと冷えたりするけど日中は半袖で余裕。特に今年は例年より暑いそうです。(雨もずーっと降ってないので乾燥してます)。

    以前の記事に書いた通り、先週パトリシア夫妻(仮名)と海に行ってきました!!

    海に行く前に、と買いに走ったのがサングラス水着
    最近日本でもブラジリアンビキニって流行ってるのね。大胆なカットで足が長く見えるんだとか。逆に日本の水着(ビキニ)をこちらで着ていると現地の人は「オムツみたい」って思うらしい。(もともと日本人は小尻が多いから大きく見せるためだったらしいよ。腰部分にリボン付けたりとか)

    幸運なことに暑くても季節は冬。水着が売ってるお店はオフシーズンのためセールをやってました♪1着購入で30%オフ、2着購入で50%オフ。本当は2着買っても良かったんだけど、1着目の試着の時に鏡で見た自分の体型を直視できず諦めました(笑)。もうちょっと痩せてから2着目挑戦だな!
    因みにブラジルでも水着の試着はトップはそのまま直に、下の方は下着の上から、と日本と同じみたい。(お店によっては下は試着禁止の所もあるそうです)。


    ブラジリアンビキニの中では布が多い方…だと思う

    30%オフで8000円くらいのが6000円弱!基本的にブラジルの水着は安い!というか日本が高すぎ!こっちにいる間にもうちょっと水着買っておこう。むふふ。

    そういえば水着屋さん(専門店)があるのはいかにもブラジルらしいなーと思う。日本だとアパレルブランドで夏に取り扱ってるとかデパートの特設会場とかでしか見たことないもん。

    さて、今回行くことになったビーチはMaresias(マレジアス)という所です。パトリシア夫妻のオススメ。まあブラジルでビーチと言えばレシフェとかのノルデスチ(北東部)とかリオのコパカバーナなんだけどね。サンパウロ州で車で1泊2日ならこのあたりなのかな。



    左のソロカバから右のマレジアスまで300km弱。ナビでは4時間ほど。日本の地図を見慣れてるとブラジルの地図の縮尺が変に感じる。名古屋から福井の水晶浜まで行くくらいの距離はあるかなーと思ったら、その倍の距離だった!(笑)。遠いじゃん!!


    そんなわけで朝早く家を出て、パトリシア夫妻を拾い、いざ海へ!!

    が、カーナビに惑わされ気付けば何故かサントス港。(上の地図のサントスのサの字の3画目の終点部分くらいまで行ったと思う・笑)。そこから目的地へはまたぐるっと回って行かないと道がない!まあ、その代わり私の大好きなコンテナとか工場(プラント系)を見ることができたので少し癒されたんだけどね。結局5時間かかってマレジアスへ到着。もう昼過ぎでっせ。

    そこからすぐビーチへ、というわけにもいかず、まずは宿探し。これがまた時間がかかってね…。宿は海沿いの道にたくさんあるんだけど、パトリシア夫妻の妥協のしなさ加減!空きがないところはしょうがないんだけど、空いてるところであってもちょっと高いと言って他のところへ。その値段も私たち二人だけならあんまり相場が分からないから、こんなもんかなーで払っちゃいそうなくらいの値段。やっぱりブラジルのことはブラジル人におまかせ!ということで最終的に辿り着いたのが4人1部屋(キッチン冷蔵庫シャワー付)素泊まりで1泊R$400(1人R$100=約4000円)の最後の1部屋。かなり安い!さすが!

    そこからやっと着替えてビーチへ。


    ブラジルで初めての海!!


    オフシーズンだけど賑わってる!




    流石に海はちょっと冷たい。1日目は波打ち際を少し歩いただけ。2日目にしてざぶーんといったよ。サーファーもいるくらいで、波は結構高い気がした。波にのまれるが楽しかったけど、気付いたら結構流されててちょっと怖かった。
    砂浜も本当に綺麗。歩くとキュッキュって音が鳴る。ゴミがあんまり落ちていないのはゴミを拾って生計を立てている人がいるからだと思う。

    ビーチで食べたもの。


    茹でたトウモロコシ。塩バター味。ちょっと固茹でで歯ごたえあって美味。


    エビの素揚げとサメのフライ。ビーチで食べるおつまみの定番らしいよ。サメも美味しかった。


    エスパニョーラ。中身はワイン・パイナップル・コンデンスミルク。甘いけど気に入った!

    ビーチで寛いでると色んな人が売り物を担いで歩いてくる。アクセサリーだったりおつまみのナッツだったりビーチウェアだったり。
    そんな中、ビーチウェアを売ってるお兄さんからこれを買いました。


    カンガ(canga)というブラジル版超大判風呂敷(?)

    調べてみたら発祥はアフリカ大陸らしい。
    しかしブラジルのビーチの定番アイテム♪敷物代わりに砂浜に敷いて寝っころがるも良し、体に巻きつけてビーチウェアにするも良し。→巻き方はこんな感じ
    家ではソファーカバーに使ったり、抱っこ紐として使うこともできたりでかなり万能!
    これをR$20で買いました。800円くらいかな。可愛いし大満足

    ビーチでこのカンガのブラジル国旗版のを持ってる人がいてそれも欲しいなーと思った。またビーチで買っちゃおう。お土産にも良いかもね。


    2日間のほとんどをビーチでそれはそれはのんびり過ごしてたっぷり満喫。17時頃にビーチを出発。が、しかし。

    道が恐ろしく混んでいる!

    上の地図を見てもらえればわかるんだけど、海岸沿いの道が100kmくらいあるのね。で、マレジアスの前にもビーチはたくさんあって、日曜夕方ということでサンパウロに帰る車もたくさん。そしてこのビーチ街道を抜けるのはこの道しかない。そりゃあ混みますがね。名古屋弁にもなるがね。しかもブラジルってLOMBADA(ロンバーダ)という車を減速させるためのカマボコ型の出っ張りが道路にあるのね。ここを通るときは必然的に車を減速させるので、交通量が多い時は渋滞の原因にもなる。そのせいで全然進まない。この道を抜けるのに、なんと5時間かかったのです。まだ行程の1/3なのに行きと同じ時間かかるってどういうこと…。海岸沿いの道を抜けてもしばらく渋滞で、やっとサンパウロの街中に入ったときはほっとしたよ。

    結局家に着いたのが24時。7時間かけての帰宅。行きが5時間なので、夫は2日間の1/4運転していたことになる!ミッションの車での渋滞って大変よね。本当にお疲れ様。ありがとうね。ということで今週の土日はゆっくり休んでもらっています。


    次はノルデスチかリオのビーチに行きたいわ


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    profile
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    search this site.
    others