<< アサイ―石鹸とか | main | 食べたもの @ソロカバ 7月編 >>

名古屋飯でおもてなし

0
    JUGEMテーマ:海外生活

    昨日は夫の同僚パトリシア(仮名)とその旦那さんが我が家にお昼ご飯を食べに来てくれました!

    実はポル語の先生以外、まだ我が家に来た人はいないのです。この夫妻とは何度か一緒にレストラン行ったり、彼女たちの家に遊びに行って夜ご飯をごちそうしてもらっているので、もう既に友人という感じ。

    今回はこちらが日本食をごちそうすることになったわけです。今まで夫は同僚たちから日本食作ってよーって言われてたらしいので、その中では初めてのゲストです。これからこういう機会増えそうだな。

    これも前日の金曜の夜にいきなり決まったらしいので、我が家にある食材・調味料+ブラジルのスーパーで手に入る材料で日本食を作らないといけなかった。メニューに関しては前日にすっごい悩んだ!

    思わずネットで「外国人 自宅 おもてなし レシピ」とかで検索したくらいだもの(笑)。

    ネットの情報によると、やっぱりお寿司を期待されるので手巻き・巻き寿司・ちらし寿司などが人気らしい。他にはカレー・焼きそばなど。逆に日本のだしの匂いを臭く感じてしまう人も多いので肉じゃがはイマイチとか、お好み焼きもぐちゃっとした感じがダメな人も多いらしい、とか。

    お寿司に関してブラジルは、他の外国よりお寿司が食べられる日本食レストランが多いし、ブラジルのポルキロ(量り売り)のお店でも巻き寿司とかがブラジル料理に混ざって置いてあるくらいなので、今回は日本食レストランに置いてないものを作ろう、と決意。
    焼きそばは寿司・刺身・天ぷらと並んでブラジルでポピュラーな日本食になってしまっている(ただしソース焼きそばじゃなくて醤油餡かけ味)ので却下。カレーはパトリシアが苦手らしいので却下。


    というわけで。


    天むす!

    天ぷらは食べなれているだろうし、ブラジルでは手巻き寿司も浸透しているので海苔も大丈夫だろうし、ということで天むす。作るの初めてだったけど、意外と簡単。海苔を巻くとなんとなく整って見える。



    メインは手羽唐!

    手羽唐は名古屋の味付けです。天むすと合わせて私たち出身の名古屋飯コンボにしてみました。外国人は日本の甘辛の味付け(照り焼きとか)が好きという情報も入手していたので、唐揚にしようと思ってたのを手羽唐に変更。

    他には野菜の焼き浸し。ナスとカボチャとピーマン。これも味付けは天ぷらのタレだから大丈夫だろうという計算。一番最初に作って冷蔵庫で冷やしておいた。

    結果的には大好評♪特に手羽唐が人気でした。やはり甘辛の味付けは人気なんだな。
    頑張って作った甲斐がありました!

    因みに会話は英語とちょっとのポルトガル語。
    夫の職場は英語ができる人がほとんどなので、赴任してからは基本的に英語で仕事をしてたらしい。そのお陰でブラジル人との英会話はだいぶできるようになったみたい。でもって最近はちょっとずつポルトガル語も使うようにしているらしいので、仕事に関連する単語とか会話はポルトガル語でもできるようになってるって。
    対して私はもともと英会話が苦手なので(読み書きの方が得意)、久し振りの英会話に悪戦苦闘。英単語よりポル語の方が浮かんできちゃったりで英語ポル語混合で喋ってたかも。かといってポルトガル語もあんまり上達してないので中途半端。もっと勉強しなきゃな。英語も。


    まだブラジルで海に行ったことない、っていう話をしたら、再来週にパトリシア夫妻と海まで旅行することになった!(ただし雨天中止)
    金曜の夜に出発して2泊、日曜の深夜(日付的には月曜)帰宅という強行スケジュールだけど楽しみだー!!晴れますように!そしてブラジリアンビキニを購入するかどうかを悩み中!!


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    profile
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    search this site.
    others