潜入!ブラジル流お誕生会!

0
    JUGEMテーマ:海外生活

    ブラジルでは子供のお誕生会を盛大に行うそうです。貸切で使用する専用の会場があって、ある種のビジネスとして成り立っているらしい!子供のいない我が家では縁遠い世界!

    先日お友達と遊んだ際、お子さんがクラスメイトの誕生日会に行っているので帰りに会場にお子さんを迎えに行くということになっていました。(お友達が免許を持っているので私は彼女の車で家まで送ってもらう予定でした)。
    会場に着いてからまだ完全にお開きではない&お子さんがまだ遊んでるということでしばらく会場にいることに。せっかくのチャンスなので、写真を撮っちゃいました。



    こんなアトラクションがあったり


    ミニバイキングもあったり


    アスレチックみたいなのもあったり


    TVゲーム(Wii)もできるし


    女の子はここでお化粧とかしてもらえるらしい

    びっくりするくらいの充実度!室内遊園地か?と思うくらい。従業員の方が何人かいてちゃんと見ててくれるので、子供を会場に連れて行って挨拶して終わり頃に迎えに行っても問題なし。


    ここはどうやら親族の席みたい


    飲食も自由(主催者持ち)


    この時の主役は2人の兄妹だったのかな?

    主役の席


    ここでケーキを囲んでロウソクを吹き消すみたい

    私たちが行った時は既にケーキタイムは終わってて、それぞれお迎え待ちながらの遊んでる時間だったので誕生日会の進行は見られなかったけど。

    さすがにこんな豪華なお誕生会を毎年できるのはお金に余裕があるお家なんだろうけど、ブラジルにはこんな施設が街にはいくつもあります。
    この時はお昼の会だったけど、夜から始まる会は22,23時くらいまでやってるらしいよ!子供が起きてる時間じゃないでしょ(笑)。

    子供たちにとっては楽しい時間だし、親にとっては安心して子供を預けられて夫婦の時間が持てるということで良いことづくめな気もします。(連続するとプレゼントが大変なのかな?)

    普段は知ることのできない世界に潜入してきたのでありました!


    ブラジル名物Havaianas

    0
      JUGEMテーマ:海外生活

      ブラジルではビーチサンダルが国民的普段の履物(笑)。
      その中でもHavaianasというブランドが超が何個かつくくらい有名!
      日本でもMelissaと同じくネット通販やセレクトショップ、ソニプラなんかで売ってると思います。

      やはり地球を半周越えて日本に届くまでにはいろいろ値段があがっちゃうけどここは原産国!お手頃かつ種類も豊富にゲットできます。


      スーパーに行けば、

      かなりのスペースで

      売っています!!(これ全部Havaianas)

      シンプルなものだとR$10?くらいから、デザイン的なのだとR$20ちょっとくらい。2012.09現在R$1.00=38円なり。スーパーで買えちゃうので出張者のお土産でもオススメです。

      我が家のHavaianasコレクション


      上段が夫、下段が私の。

      2人とも左端のをシャワールームで使ってます。私は真ん中のと右端のを昨日まとめて購入しました。(実は日本にも1足置いてある…結婚前、夫が出張でブラジル行ったときにお土産でもらったの)


      昨日買ったこの2足


      鼻緒を付け替えて自分でカスタマイズ!

      右のやつがかなり地味になっちゃったけど良いの。これから更に自分で鼻緒部分をデコるのです!ブラジルではHavaianasをデコるのが流行っているようで、デコってあるのが5〜10倍(それ以上?)くらいの値段で売ってたりします。ハンドメイド好きの私は自分で好きなようにデコるぞと思って現在構想中。むふふ。

      サイズですが、私も夫も39-40というサイズを愛用中。私は24.5cmで、ブラジルの靴のサイズでいうと37なんだけど、ビーサンはサイズにあまりこだわらなくて良いし、39-40が一番品揃えが多い気がするので。(旗艦店とかはそんなことないんだろうけど、スーパーの場合ね)。


      選挙のこと

      0
        JUGEMテーマ:海外生活

        母国ではない国で生活する我々外国人。
        なかなか接点がないものの一つ、選挙

        1ヵ月くらいまえから街中にこんな看板がちらほら。


        選挙看板のようです

        ソロカバでは10月に市長選と市議(vereador)選があるそうです。(どうやらサンパウロ市もみたいね)

        ブラジルでは選挙が国民の義務!

        選 挙権は16歳から。ただ、16歳・17歳は義務ではなく投票したい人は投票していいというシステム。18歳からは義務なので必ず行かなければいけません。 行かなかったらR$4.00(=160円)の罰金。(どうにもならない事情で行けない場合は理由を申し立てないといけないらしい)。

        ちなみに、罰金すら払っていないと様々な所で弊害があります。
        パスポートとかビザが取れなかったり、大学によってはその大学の受験ができなかったり、場所によっては免許が取れなかったり、家の契約が出来なかったり。
        ポル語の先生はパスポートを取るときに過去2回分の投票証明書の提示を求められたとか。(こういう時のために直近2回分の選挙の投票証明書を取っておかないといけないみたい)

        ブラジルから遥か遠い国、日本から来た私にとって一番不思議に思ったのが看板に書いてある数字。きっと立候補者に割り当てられた(?)番号なんだろうけど、投票するときにそんな番号いるのかな?と思ってた。


        これね。赤丸の中(覚えやすそうな番号!)

        そしたらその番号はブラジルの投票システムの大きな要素だったのよ。

        ブラジルは電子投票。家のパソコンでできるわけではなく、投票所に置いてある専用機で投票するんだって。投票機にはモニターと電話のダイヤルの並び順で0〜9までの数字のボタン、白紙投票用のボタン、投票ボタンが付いてるらしい。

        投 票者が立候補者の番号を押すとモニターに該当立候補者の顔写真、名前、政党、番号とかが表示されるのでOKなら投票ボタンを押す。投票専用機にはフロッ ピーのような記憶媒体を差し込んでいて、投票結果はそこに記録される。投票終了後にその記録媒体を集計所に送れば一瞬で集計結果が出るという仕組み。

        なので投票者は投票したい人の番号を控えて行ったり、街で配ってるようなチラシ?カード?を持っていくらしい。

        で、なんで番号かというと、電子投票のためっていうのと読み書きできない人のためでもあるみたい。最近はあんまりいないと思うけど、年配の人の中には読み書きできない人もまだいるらしい。確かに読み書きはできなくても数字は分かるもんね!!日本では考えられない理由だねえ。


        市長選は各政党の代表者が立候補するらしいので、政党番号2ケタ、市議会議員は個人の番号5ケタだって。


        この歩道に置くタイプの看板もよく見かける。手前のは2ケタだから市長の立候補者ね。

        市長は4年の任期×2期までなれるらしい。ここ最近のソロカバは同じ政党で4人がそれぞれ2期、つまり32年間同じ政党から市長が出ているんだって!強い政党なんだね。

        だけど今年は前市長が敵対する(?)政党に移って出馬しているので、どうなるのか!?ってなってるらしい。(政党が違えば2期務めた後でも立候補できるらしい)。市長選は50%以上の得票がなければ上位二人で決選投票。ちょっと気になるね。


        あと、もう一つびっくりしたこと。
        選挙の前日と当日はアルコール類の販売が原則禁止なんだって!
        大型スーパーとかはどうしようもないから売ってるらしいんだけど、ランショネッチ(軽食屋さん)とかバールとかではダメなんだって。酔って投票しないようにとか対立する候補の支持者同士の諍いを防ぐためとからしいんだけど、文化の違いを感じて面白い。


        アサイ―石鹸とか

        0
          JUGEMテーマ:海外生活

          ブラジル原産のフルーツ、アサイー(açaí/acai)。
          ポリフェノールや鉄分等の栄養価が高く、近年日本でも注目されてます。
          普段はジュースで飲んだり、アサイーのペーストをシリアルにかけて食べたりします。

          それとは別に、私のお気に入りがアサイー石鹸

          結婚前に夫が一ヶ月ブラジルに出張していた時にお土産の一つとしてもらったのがこのアサイー石鹸。すごーく良い香りがして、使っちゃうのが勿体なくて洋服ダンスに忍ばせてみた。
          そしたら洋服にほんのり香りが付いて良い感じに!!

          ブラジルに来るときも、船便の服の中に忍ばせて逆輸入(笑)。
          一個しかなかったので、他の引き出しにも入れたいと思い、追加で購入することに。



          一番上の臙脂色の箱が一番最初にお土産でもらったアサイー石鹸。
          その下の紫色の箱が最近買った3個入りのアサイー石鹸。同じメーカーのものだけどデザインが変わってたみたいですぐに見付けられなかった。でも"サボネッチ(石鹸) アサイ―"って店員さんに言ったら教えてくれた。

          結局タンスに入れてるだけで、石鹸として使ってはないので使用感等のレポートはできません(笑)。

          一番下のは香水の試供品。コスメメーカーなのかな、他にも化粧品とか売ってた。


          O Boticarioっていうメーカー。緑の看板が目印

          ブラジルのコスメメーカーはnaturaっていうメーカーが有名なんだけど、私が買ったこのO Boticarioは結構いろんなところで目にする。ソロカバではショッピングセンター内の店舗で3軒、路面店で1軒あるのを確認済み。

          それで先日更に挑戦。シャンプーとコンディショナーの購入。
          今までスーパー内のシャンプー売場でパンテーンを買ってたけど、こういうお店で売ってるものの方が体に良い成分使ってるだろう、ということで。
          店員のお姉さんにシャンプーが欲しいと言って、ノーマルタイプのものをいくつか出してもらった。全部匂いをかがせてくれて、その中で気に入ったものを購入。


          ジャブチカバの香り(らしい。成分もなのかな??)

          ジャブチカバもブラジルをはじめとする南米原産のフルーツ。
          ブドウの実みたいな実が、木の幹にそれはそれはびっしり!生えるという不思議なフルーツです。
          画像検索するとグロ画像チックなものがちらほら。耐性ない人は検索しない方が良いと思う。wikipediaのなら辛うじて大丈夫かな?

          これはまだ1回しか使ってないので、良い匂いがする、くらいしか感想がないけど、良ければこのままリピートしようかなと思ってます。


          コーヒーのこと

          0
            JUGEMテーマ:海外生活

            コーヒーのこと。

            ブラジルではエスプレッソが主流。
            濃縮されてて、小さいコーヒーカップで出てくるアレです。

            日本にいる頃はどちらかというとアメリカンコーヒーとかの薄めのコーヒーが好きだった私。だけどこちらに来てすっかりエスプレッソに慣れてしまいました。
            私はエスプレッソをブラックで飲んでるけど、ブラジルのスタンダードは砂糖をドバドバ。底にとろみがつくくらいの砂糖を入れて飲むんです。レストランでエスプレッソを頼むとちゃんと砂糖(個別包装の砂糖がたくさん入った容器)を持ってきてくれます。

            だけど、レストランじゃなくてセルフサービスのようなカウンターで注文して受け取って自分の席まで持っていくスタイルのお店だと、「砂糖はどうしますか?(普通の砂糖かカロリー控えめの砂糖か人工甘味料か)」って訊かれる。(←あんまりちゃんと聞き取ってないけど多分こんなこと言ってる)。「要りません」って言うと必ず、絶対、100%、「nada?(全く?)」ってめちゃくちゃ驚いた顔で言われちゃう。それくらい砂糖入れるのが普通の国。

            そんなやりとりをするくらいなら砂糖を普通にもらっといた方が良いんじゃないかと思うんだけど、結局要りませんって言っちゃうんだよね。

            日本にいる頃は、食後のデザートとドリンク(紅茶orコーヒー)ってセットなイメージだったけど、こっちって食事→デザート→コーヒーってデザートとコーヒーが一緒じゃないの。私は甘いデザートと苦いコーヒーを一緒にしてバランスとりたいんだけど、食事の締めが甘いコーヒーっていう概念なのかな。最初の頃、食後にデザートとコーヒーを頼んだらデザートだけ先に来ちゃって、手を付けずにコーヒー待ってたら全然出てこなかったってことがあったよ。だから最近は一緒に持ってきてくださいって頼むようにしてる。

            スーパーでも可愛いエスプレッソ用の小さいカップがいろいろ売ってるんだよね。でもさ、エスプレッソってエスプレッソマシーンがないと淹れられないでしょ。うちにはエスプレッソマシーンなんて洒落たものはないから普通のコーヒー飲んでます。コーヒーマシーンもないので紙のフィルターでだけど。それでもブラジルのコーヒー美味しいって思う!


            一つだけ注文があるとしたら、アイスコーヒーがもっと普及してくれればなあと思う。

            ホットで飲むのが前提の豆だからか、家でコーヒー作ったのを冷やしてもあんまり美味しくないんだよね。淹れたては本当に美味しいのに。冷やすとあんまり美味しくないのか、冷やすために時間置いたら美味しくなくなるのかは分からないけど。時間経つとちょっと苦味が出てきちゃう。

            ブラジル在住でアイスコーヒーに適したコーヒー豆またはメーカーを知ってる方がいましたらご一報ください!!




            Melissa メリッサ

            0
              UGEMテーマ:海外生活

              ブラジル発のラバーシューズブランド、Melissa(メリッサ)。
              最近は日本のセレクトショップや通販で取り扱われるようになってきたみたい。
              ファッションに疎い私は、ブラジル行きが決まってブラジルに関する情報収集をしてた頃に知ったんだけど…。でもその後に大学時代のサークルの同期女子で旅行した時に2人がメリッサ履いてて可愛いなーって思った!

              ブラジルに来たら絶対買うぞー!と思って半年弱。
              やっと購入することができました♪

              サンパウロにあるRua Oscar Freiere(オスカーフレイレ通り)にメリッサの旗艦店があります。
              先日25 de Marcoに行った時に午後にオスカーフレイレに行きました。
              オスカーフレイレは海外の有名ブランドショップやお洒落なショップが立ち並ぶ通り。



              店舗外観。季節(?)によって変わります。


              店舗内。外観と同じコンセプトになってます。


              メリッサのラバーシューズには甘い香りが付いていて、店内にその香りが漂ってました。


              購入したのはこの子!

              ぺたんこ靴です。
              ブラジル来てから既に2足靴を買ったけど両方ともヒールが10cm以上。
              まだ履きなれてくて長距離歩けないから、ヒールのないぺたんこ靴が欲しかったの。
              でもでも、ヒールのある靴でめっちゃ可愛いのも多くて欲しくなっちゃった。
              また今度と言い聞かせて今回は我慢。
              ヴィヴィアンコラボとかもあって可愛かったなー。

              ヒールがないしオープントウだから、履きやすいし歩きやすいしとっても楽♪何より可愛い!
              いつもはブラジルの靴のサイズだと37(24.5cm)なんだけど、これは36でいけた。
              (日本ではあんまりサイズがなくて悲しい思いをすることが多いけど、ブラジルは37が普通に揃ってるから嬉しい!)

              日本で買うといくらするんだろう、と日本の通販サイトを見たらこのモデルは見当たらなかった。
              代わりに他のモデルで値段比べてみたら、やっぱり倍くらい違うのね。そりゃそうか。
              ブラジルにいるうちにもう少し買っておこうかな。


              あと、ブラジルではHavaianas(ハワイアナス)というメリッサと同じくブラジル発のビーサンブランドがとっても人気。(というかとても浸透してる)。
              日本ではソニプラで見たことあるのと、たぶんセレクトショップ系で売ってるのかな?
              新婚旅行で行ったイタリアでも店舗を見たことがある。
              こちらはビーサンブランドなだけあって、安いしスーパーで普通に売ってる。
              ノーマルなものから柄の可愛いものまで。
              我が家には4足あるよー。2足はバスルームで使う用、もう2足は夫が履いてる。
              スーパーで手軽に買えるから、出張で来た人がお土産に買ってくことも多いみたい。
              ハワイアナスに関してはまた改めて写真付きで記事を書くね。


              ブラジル食パン

              0
                JUGEMテーマ:海外生活

                ブラジルはご飯もパンも食べる国です。
                パンも色んな種類がスーパーに置いてあるし、スーパーで焼いたパンが売ってる所もある。
                個人的には小さめのバゲット(フランスパン/pao frances)にレタス・トマト・サラミ・チーズ・マヨネーズを挟んでサンドイッチにするのが好き。

                我が家の朝食はご飯だったりパンだったりしますが、朝ご飯用に買ってるのが食パン。
                こちらではpao de forma(pão de forma)、paoがパンでformaが型、型に入れて焼くからみたい。


                比較用にタバスコと。日本の食パンより一回りほど小さい。

                この大きさがブラジルのスタンダード。

                が、スーパーでこんなものを発見!


                日本の食パン!!


                その名もナゴヤソフト(Nagoya Soft)
                これは喫茶店・モーニング文化を誇る我が故郷、名古屋をリスペクトしての名付けなのでしょうか?

                モーニング懐かしいなー。コーヒーとバターたっぷりのパンとゆで卵。三重に一年住んでたときによく出会った茶碗蒸し付モーニングも好きだったなあ。

                この両方のパンは同じメーカーなんですが、食パンの袋の裏側に切り紙(Kirigami)紹介がされてたりします。(折り紙を何回か折って色々切って広げると雪の結晶になってる、みたいなやつです)。なのでこのメーカーは日系の方が経営してる企業なのかな?と思ったりします。


                因みにフランスパンはポンフランセーズ(pao frances)だけど、私の住むソロカバだけはフィロンジーニョ(ちょっとうろ覚え)とも言うらしいです。方言?


                プレートごはん

                0
                  JUGEMテーマ:海外生活

                  ブラジルの外食。

                  有名なシステムがポルキロとホジージョ。

                  ポルキロはpor quilo、英語にするとper kilogram、直訳だと"キロ当たり"的な感じかな。
                  簡単に言うと量り売りのシステムです。
                  日本のバイキング形式のように料理が並んでて、そこから好きなものを選んで行って最後にレジで重さを量ってお会計。
                  お店にキロ当たりいくらか掲示してあります。
                  重さが基準なので肉でも野菜でも値段が一緒。
                  お昼にポルキロで食べることが多いかな。

                  ホジージョはrodizio、食べ放題。
                  ポルキロのようにすでに出来上がってる料理が置いてあって好きに取って食べるお店もあれば、オーダーバイキングのように注文してから作ってもらうお店もあります。
                  ランチでもありますが、ディナーでがっつり食べるの向きだと思います。

                  この二つともとても一般的ですが、もちろん普通に一品ずつ注文するのも一般的です。


                  で、その中でもポピュラーなのがプレート料理。
                  一皿にご飯・フェジョン・お肉・フライドポテト・野菜が乗ってます。
                  ランチでもディナーでもこういうメニューはよくあります。


                  こんな感じ

                  ご飯の左側にあるシチューみたいなどろっとしたのがフェジョン(フェイジョン)です。
                  豆をにんにくとか玉ねぎとかと煮込んだもので、ブラジル人がライスを食べるときに必ずといっていいほど一緒に食べます。
                  栄養の面から言うと豆腐とか納豆的な役割だそうです。良質な植物性タンパク質。

                  お肉は気前よくドーンって感じ。味付けは塩胡椒がほとんど。
                  ステーキみたいなお肉を日常的に食べてるんだなあと実感。
                  因みにお肉は赤身ばっかりで日本みたいな霜降りっぽいのではないです。
                  だからたくさん食べられると思う。

                  あと、フライドポテト。
                  私なんかはファストフードのイメージが強かったけど、これもまたこちらの人は日常的によく食べてるみたい。
                  こういうプレートには必ずといっていいほどフライドポテトが付いてくる。
                  冷凍のポテトも売ってるので、家でもモリモリ食べてるんだろうな。


                  プレートごはんは一皿で済むからお皿洗いの手間が減るしお肉も焼くだけだったりで楽ちんなので、たまに家で作ったりしてます。


                  缶ジュース

                  0
                    JUGEMテーマ:海外生活

                    レストランに行ったときのソフトドリンク。

                    ・agua(água/アーグア)
                    お水。com gas(炭酸)とsem gas(ガスなし)

                    大抵limao(limão/リマオン/レモン)とgelo(ジェーロ/氷)は要るかと訊かれる。
                    こちらに来てからガス入りのお水が好きになりました。
                    あと、英語圏だと日本人のwaterの発音がなかなか伝わらないみたいだけど、アーグアなら楽々ってとこも好き(笑)。

                    ・suco(スッコ)
                    果物生絞りジュース。お店で絞ってくれます。
                    これも氷入りかどうかとacucar(
                    açúcar/アスーカ/砂糖)入りか訊かれる。
                    砂糖入りじゃないと意外と甘くなかったりする。別で砂糖をもらって自分で入れるも良し。
                    私はもっぱらパイナップル。

                    ・refrigerante(ヘフリジェランチ)
                    炭酸飲料等の冷たい飲み物。
                    コカコーラ、ファンタあたりはどこでも置いてあるイメージ。
                    そしてブラジル名物、ガラナ。(正式な発音はグァラナーらしい)


                    で、私が今回書きたいのがこのヘフリジェランチ。
                    日本だとコカコーラとかをレストランで注文すると、グラスに一杯分で出てくるでしょ。
                    ブラジル(欧米もなのかな?)は缶とコップで出てくるの。
                    缶は日本の自販機のあのサイズね。
                    で、一杯目は大抵ウェイターさんがコップに注いでくれる。
                    日本みたいに業務用のでかいペットボトルで買っておいてドリンクカウンターで一杯分コップに入れた方が低コストな気もするんだけど。

                    更に、売店とかで缶ジュースを買った場合。
                    ストローが付いてくる!!
                    こっちの人は缶ジュースに直接口を付けて飲まない!!

                    これがかなりの驚きだったんだけど、昔外国人を集めた日本のテレビ番組で、日本人は缶ジュースにそのまま口を付けるのが不思議だって言ってたのを思い出した。
                    衛生的じゃないでしょ?って。
                    確かにプルトップ型の缶ジュースって飲み口がむき出し。
                    缶ジュースが出来上がってから自販機で買って自分の手元に来るまで、飲み口部分が何にも触れないってことは無いはず。
                    だけど日本ではきっとだいたいが清潔だからたぶん大丈夫、で気にしない人が多いんだろうなあ。
                    潔癖症っぽい人が飲む前に飲み口拭いてるのは見たことあるけど。
                    ブラジルではだいたいがたぶん清潔じゃないからあんまり大丈夫じゃない、ってなるのかなー、と漠然と思った。

                    ということでついつい口を付けて飲んじゃいがちな缶ジュースもストローで飲んだりコップで飲んだりしています。

                    因みにブラジルは自販機なんてほとんどないよ!
                    強盗さんの為にあるようなものになってしまうからね。
                    一回だけ病院の中で見たことある。そういう建物の中くらいなのかな?
                    (夫の職場にはあるそうです)



                    ナイフとフォーク

                    0
                      JUGEMテーマ:海外生活

                      ご無沙汰してます。
                      サンパウロのカーニバルからすでに1ヶ月経ってしまいましたが、写真が整理しきれず未だ記事が書けません。

                      ということで他のネタで久しぶりに更新してみます。


                      皆さん、ナイフとフォークで食事する時ライスはどうやって食べますか?
                      私は肉料理以外のものをナイフとフォークを同時に使って食べるのが苦手で、ナイフが要らないものはナイフは持たずにフォークだけを右手で持って刺したりフォークの腹にすくったりして食べていました。

                      うちの母もそうですが、母親世代はフォークの背にナイフでご飯をよそって食べてるイメージです。
                      よくそんな器用なことができるなー、と感心したものですがいつの間にか私もそうやって食べることができるようになってたり。

                      で、ブラジルは基本的にナイフとフォーク使用の食事スタイル。
                      こっち来てすぐのころ、上記のようにフォークの背にご飯乗っけて食べたら夫から「それってマナー違反でしょ?」と言われてしまった…。

                      ブラジルではご飯等のフォークで刺して食べられないものはナイフで寄せてフォークの腹に乗せて食べるのが一般的と聞いてびっくり。
                      (それ以前に私が昔やってたフォーク一本のみは話にならない感じだね・笑)

                      ブラジルは肉料理が多く、それ故お肉を切ることが多いです。
                      因みにブラジルではワンプレートの食事が多く、肉料理・サラダ・フライドポテト・フェイジョンという豆の煮込み(ご飯にかけて食べる)等が一皿にまとまっています。
                      お肉を切るとき、フォークは腹部分を下にしてナイフで切ります。これは日本でも一緒。
                      でもその後にご飯を食べる場合はフォークをくるっとひっくり返してフォークの腹にご飯を乗せて食べるんです。
                      フォーク一本食べの時は右手だったので、肉を切るときに押さえる以外で左手でフォーク使うのももともと苦手な私。
                      これって面倒臭くない??と思いつつ、郷に入れば郷に従えなので頑張ってそうやって食べています。


                      そういえば、私と同じく左手でフォークを使ってご飯を口に運ぶのが苦手なブラジル人も多いみたいで(?)、レストランで観察すると右手にフォーク、左手にナイフで食事してる人が結構多いんです。


                      因みに、フォークの背にご飯乗せるのがマナー違反の話ですが、調べてみるとフォークの背に乗せるのがイギリス流、腹に乗せるのがアメリカ流でマナー違反ではないようです。
                      (これも都市伝説、なんていう話もあったりするようですが…どうなんでしょう?)


                      ちょっと話は逸れますが。
                      日本料理屋さんに行けばお箸で食事します。
                      上手にお箸を使いこなすブラジル人もいますが、お箸に慣れていない人たちはお店に矯正器具(?)を借りてるんです。
                      この矯正器具、お箸の上端部分を一緒に固定してしまうもので、分かりやすく言うとトングみたいな状態になるので慣れてない人には使いやすいみたい。
                      面白いものもあるんだなあと思いました。

                      日本人なのでこの器具を使う必要がないため、遠目でしか見たことがないのですが、触れられる機会があれば写真撮ってみたいです。




                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      profile
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      search this site.
                      others